人気ブログランキング |

2017年のIP映像監視分野のトレンドは「サイバー・セキュリティ」と「映像解析」

だそうです。続いて「クラウド」と「底辺への競争」。あと「4K」。インテグレーターの声を集めた結果です。元記事はこちら

サイバー・セキュリティについていくつか声を拾ってみると、
  • 消費者もサイバー・セキュリティを気にしている(特に中国製のカメラ)。
  • IoT機器に対する攻撃を考慮すれば当然のこと。
  • 「MP」や「4K」は古くなったバズワード。今は「サイバー・セキュリティ」が大切。

続いて映像解析。深層学習がトレンドです。
  • 映像解析がまたまたトレンドに。ディープ・ラーニングによる解析がキー・ドライバー。
  • ニューラル・ネットワークにより映像解析が改良されている。2018年の主流はディープ・ラーニングを使った映像解析。
  • ISCFではどこでもディープ・ラーニングを見かけた。我々にとっての「イノベーション」、消費者にとっての「インタレスト」。

ただし、ディープ・ラーニングをきちんと落とし込んでいる製品はまだ少ないよ、とのこと。

3年連続で「底辺への競争」がトレンドですが、これについては終わりがないのでしょう。あるインテグレーターが述べているように、ハイエンド・カメラはそれなりの付加価値を持たなければならない。そのための2つの要素は「低照度」と「インカメラ映像解析」かもしれません。



by viostor | 2017-11-13 11:18 | セキュリティ

IPVMの記事を大雑把にまとめています
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30